痛み根本改善

腰痛・肩こり・首の痛み・頭痛・背中の痛み・骨盤矯正

HOME | 症例報告 | 産前産後|症例

産前産後・症例

来院者様の産前産後の症例をいくつか報告致します。

妊娠30週の腰痛

Yさん 港区在住 33歳 主婦
現在妊娠30週で3~4か月前から寝る前に腰の痛みが感じる様になったとのこと
妊娠前に腰の痛みを感じることはなく、今回が初めてで、また妊娠中の不安もあるため港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院された。産婦人科に相談したところ「カイロ」はやめたほうがいいと言われたが、あまりにも痛みが強くなってきたため耐えられなかったとのこと



施術経過

施術後から睡眠前の腰痛の強さが減少し、2回目の施術時には骨盤の大きな変位は現れていませんでした。3回目の施術時には日常生活での痛みはほとんどない状態でした。4回目の施術からは徐々に期間を空けつつ出産を迎えるマネージメントにしました。出産される1週間前に最後の施術を行いました。産後は自然分娩でしたので、2週間後に来院し、状態の確認をしました。現在は1ヶ月に一度のメンテナンスでケアをしています。ハプティカイロプラクティックでは時間に指定はありますが、受付の者がお子様を対応させて頂きますのでご相談ください。



コメント

骨盤に変位が見られ、臀部の筋肉への過剰な緊張が診られました。通常妊娠時は安定期に入る時と出産直前にホルモン(リラキシン)の影響で靭帯がゆるみやすくなります。これは胎児のスペースを作るためと産道を広げ出産しやすくする効果があります。しかし反対に靭帯がゆるむことで、骨盤が不安定になりゆがみを生じやすくなります。今回の患者様は安定期に入ったころから症状が出始めていました。靭帯がゆるんでいるため、筋肉へのマッサージなどは逆効果になることがありますので、当院では骨盤の調整で症状の経過をみました。現在の日本でのカイロプラクティックは玉石混合ですべてが安全とは言い切れませんが、正しいカイロプラクティック施術では妊娠中の施術による効果が研究において認められています。当院にいらっしゃる患者様の中にも「産婦人科で止められた」と言われて来院される妊婦さんがいらっしゃいますが、カイロプラクティック施術が妊娠中の患者様に不利なるような研究はありません。ただ何となくで痛みを誤魔化すのは妊婦さんだけではなく胎児にも負担がかかります。カイロプラクティックでは妊娠中や産後の施術が可能です。ご質問がありましたらハプティカイロプラクティック整体にご相談ください。
 
 

産後から続く腰痛で来院

Iさん 港区在住 30歳 主婦
産後から徐々に腰の痛みを感じるようになりました。子供を預けることもできなかったため、1年以上我慢していました。特に夜寝る時と朝の起き掛けはすぐに起きれないほど腰痛がありました。妊娠中から腰痛が何度かありましたが、妊娠以前は全くありませんでした。足のしびれなどの神経症状はありませんでしたので、整形外科にはいかなかったそうですが、産婦人科に相談したところヨガや運動をやるようにといわれたそうです。アドバイス通りヨガに通ってみてもあまり腰痛への変化が見られなかったため、ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。
 
 
施術経過
長期間腰痛を維持していたこともあり、骨盤や腰だけではなく全体的にゆがみが強く現れていました。初回は関節の制限を調整し、安定するまでの3回は施術期間を3日間隔でいらしていただきました。2回目の施術時には夜の腰痛が消失しており、朝はまだ感じるようでした。3回目の施術時には夜も朝も腰痛は消失しておりましたので、徐々に期間を開けながら施術を行っていきました。4回目は1週間後、5回目は2週間後に施術を行いましたが、腰痛は落ち着いておりましたので、メンテナンスに移行していきました。
 
 
コメント
今回のケースは妊娠中からゆがみが発生し、出産時に大きくゆがみが形成されているような状態で腰痛が発生していました。産後からだいぶ期間が開くことから、骨盤だけではなく背中にも傾きが生じていました。産後の骨盤矯正はホルモンなどの関係からも1~2ヶ月以内に調整を行えるとよいと考えられます。また妊娠中もカイロプラクティック施術は有効ですので、妊娠時の腰痛などでお困りの方はご相談ください。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では受付の者がお子様の対応をさせて頂きますので、お子様連れの場合でもお気軽にお申し付けください。よく患者様が「腰痛が出てからストレッチした」「腰痛になってから運動を始めた」と言われる方がおりますが、日常生活内で生じている何らかの負荷で痛みが発生している場合、ストレッチや運動などはより負荷を高めてしまい、悪化する可能性もあります。そのため、ストレッチや運動を始める前にはしっかりと身体を整えてから、余計な負荷がない状態で始める必要があります。ハプティカイロプラクティック整体では患者様に必要な運動やストレッチのご指導も行っております。
 
 

妊娠時のケアで来院

Mさん 港区在住 30歳 会社員
半年前に腰痛で来院し、症状が落ち着いてからはケアとしてメンテナンス施術を月に1回行っていました。その間に妊活を行っており、めでたく妊娠が判明し、現在継続してメンテナンス施術を行っております。
 
 
コメント
今回のケースは以前から港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院されており、メンテナンスケア中に妊娠がわかった方です。妊娠時のカイロプラクティック施術に関してはよくお問い合わせを頂きますので、ここでご説明をさせて頂きます。ハプティカイロプラクティック整体では妊娠時及び産後の施術を行っております。日本ではまだまだ妊娠時及び産後のケアは認知されていないため「なんとなく不安」というのが一般的だと思います。また、産婦人科などに相談すると、根拠もなく「やめておきなさい」と言われるのがおちだと思います。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体にも安定期に入ったころから腰の痛みを感じ始め、産婦人科に相談すると「骨盤調整ではなく、よく歩くように」といわれた方がいらっしゃいました。腰の痛みを我慢しながら歩いていると股関節の痛みも伴う様になり当院に来院されましたが、痛みをがまんしている状態は多大なるストレス状態でもありますので、そのような状態が本当に胎児にいい影響を与えるでしょうか。
 
世界的には妊娠時のカイロプラクティック施術により出産時にかかる時間の短縮という研究結果もあります。また妊娠時はホルモンの影響を受けるため、通常の患者様とは施術内容や刺激量も変えて調節を行いますし、当院で使用するカイロプラクティック専用のベッドではお腹に負担をかけずに施術が可能です。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体には毎年平均で20~30名程度の妊娠及び産後のケアにいらしておりますので、妊娠時全期間において施術経験もございます。産後のケアではお子様の対応もしておりますので、妊娠時から産後まで計画的に身体のケアを行っております。ホルモンなどによる身体の変化は説明するとすこし難しくなりますので、興味のある方は下記のページをご参照ください。
 
 
妊娠時及び産後でのケアでご不明な点がございましたら、お気軽に港区浜松町のハプティカイロプラクティック整体にご相談ください。
 
 
 

割引割引
電話電話
ネット予約ネット予約