HOME | 更年期障害とは

更年期障害とは

更年期障害の原因や種類についてお答え致します。

更年期障害と整体

 

 更年期とは45歳~55歳の閉経前後の時期です。閉経が起こることで、女性のホルモンバランスは急激に崩れ、その変化に体が対応できないと、ほてり、発汗、手足の冷え、動悸、不眠、イライラ感、抑うつ感、頭痛、肩こり、易疲労感などの不定愁訴が起こり、これを更年期障害と言います。
 
 
エストロゲンの低下
 
エストロゲンの低下更年期障害の原因として最も多いのが前述したホルモンの変化で、これはエストロゲンという女性特有のホルモンの低下です。他にも、心理的要因、生活・社会環境の変化、加齢による全身機能の低下などが更年期障害の原因としてあります。最近では若年性更年期障害と言われる更年期以前の年齢での症状発生の方がいらっしゃいます。
 
 
更年期と自律神経
 
更年期と自律神経更年期障害は自律神経症状とも類似しますので、医療機関でのホルモン検査を受けることをお勧め致します。患者様の中には更年期障害だとご自身で判断しており、カイロプラクティックによる施術で背中の動きを正常にすることで症状が緩和した方もいらっしゃいます。医療機関でホルモン値の異常が見られず、上記の症状でお困りの方は一度港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体にご相談ください。
 
 
更年期に対してのカイロ
 
更年期障害に対してのカイロ更年期障害には様々な要因が関与して身体のバランスを崩すことが考えられます。当院の整体では、様々な要因に対し、正常に戻そうという本来の身体機能を十分に発揮できるように、施術を進めていきます。例えば、骨盤を弛めることによって骨盤内の循環を改善させ、血液の滞りを改善させたり、神経系の調整を行なったりします。神経系の障害が、更年期障害を強くしている可能性十分考えられます。
 
   

 
割引割引
電話電話
ネット予約ネット予約