港区浜松町で16年信頼のハプティカイロプラクティック整体院

           港区・浜松町で16年信頼と安心の
        ハプティカイロプラクティック整体院

平 日:10:00-20:00  
土・祝:10:00-18:00  
日曜日:   休 院     

Case Report

 

膝と足の痛み・症例|港区浜松町ハプティカイロ・整体

HOME | 症例報告 | 膝と足の痛み|症例

膝と足の痛み・症例

来院される患者様の膝と足の痛みの症例をいくつか報告致します。

階段での膝の痛み

港区在住50代
浜松町販売員普段から腰の重だるさは感じており、マッサージに1ヶ月に2回程度通っていました。1週間ぐらい前から仕事後と朝に膝の違和感を感じ、その翌日から階段を降りる時に膝に痛みを感じたとのこと。普段の歩行時はそこまで痛みはないが、仕事柄階段の上り下りが多いため、非常にストレスになっており港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院しました。
 
 
施術経過
骨盤の傾きと仙骨及び腰椎部の関節に制限が見られました。また左の大腿前面の筋肉、右の大腿後面の筋肉に過剰な緊張が見られたため、初回は関節の制限を矯正にて取り除き、全体の重心バランスを整えました。2回目の施術時には階段の上り下りでの痛みは消失していましたが、骨盤のゆがみが戻ってきていたため、矯正と仕事中の座り方の指導を行いました。3回目には骨盤も安定していたため、徐々に期間を開けていき、骨盤が安定できるようにメンテナンス治療に移行しました。
 
 
コメント
今回の症例は骨盤のゆがみにより、左右の大腿部の筋肉のバランスが崩れ、普段から膝に対して負担をかけており、階段の昇降時には負荷が増加するため痛みに繋がっていました。骨盤や背骨のゆがみは日常生活の癖が大きく関与してきます。運動をすることも大切ですが、単純に1日で占めている時間が長いことを見直すほうが非常に大切です。例えば、一日の1/3を占める睡眠時でしたら、寝具が身体にあっているか、仕事時のPC環境は整っているかなどです。マウスの位置を改善するだけでも肩こりが起きなくなる方も多数います。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では施術だけではなく、日常生活でのアドバイスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。
 
 
 

トリガーポイント(筋膜痛)

港区在住30代男性 浜松町営業職
2週間程度前から大腿部前面と側面にかけての痛みを伴う筋肉の張りを感じ来院。整形外科に行き、レントゲンでは異常が見られなかったため、整骨院に行き「坐骨神経痛」と言われたそうです。整骨院に3回ほど通院したそうですが、変化がなかったため、港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。痛みは2週間前よりも悪化しているそうで、夜仰向けで寝れないとのことでした。
 
 
治療経過
問診で痛みの部位と発症要因を細かく聞いていると「坐骨神経」による症状発生ではないのではと考えました。検査でも坐骨神経への影響を確認したところ痛みの再現性もできませんでした。問診と検査で「大腿筋膜張筋」と呼ばれる股関節周囲の筋肉が問題を起こしていました。骨盤と股関節の調整に加え、大腿筋膜張筋への治療を行うと施術後痛みが軽減していました。3回目までは3日間隔で治療を行いました。3回目の検査時には痛みは消失していました。骨盤と股関節の状態が安定するまで2週間に1度治療を行い、現在はメンテナンスに移行しています。
 
 
コメント
大腿部の痛みや違和感で来院される患者様は確かに坐骨神経への問題で生じている方が多いのも事実です。しかし、症状を最初から決めつけず、丁寧に問診と検査を行っていれば、今回の症例では坐骨神経と考えると辻褄が合わないと判断できたはずです。痛みの原因は「大腿筋膜張筋」のトリガーポイントが疑われました。原因部位に適切な治療が行えれば今回の症例はそこまで複雑な症状ではありません。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では、根本的な問題を解決するために問診・検査を重要視しておりますので、安心してご相談ください。
 
 
 

歩行時の膝の痛み

港区在住60代 浜松町営業職
数年前から左足のだるさと歩行時や動作初期の膝の痛みで来院。腰の重だるさもあり、最近では安静時にも膝のだるさが気になるようになったため、整形外科に行ったところ画像診断上は異常がみられないとのことで痛み止めを処方されたそうです。1ヶ月ぐらい痛み止めを飲み続けたそうですが、症状に変化が見られないことから、港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。
 
 
施術経過
かなり痛みに対して敏感でしたので、初回は必要最小限の刺激での調整を行いました。施術直後は非常に状態が良かったのですが、2日後に症状が出始めていましたので、2回目の施術を行いました。4回目までは3日間隔で来院して頂きました。4回目の施術時には腰の痛みやひざの重だるさは消失していましたが、長時間歩行をすると少し膝の痛みが感じる様でしたので、再検査を行い、施術方針を少し変えて、期間を開けながら調整を行いました。6回目の施術時には膝の痛みは完全に消失していましたので、メンテナンスに移行しました。
 
 
 
コメント
今回のケースでは長い期間状態を維持し、状態が悪化してからは痛み止めでごまかしていたのもあり、状態は非常に良くありませんでした。しかし、刺激に対して非常に敏感であったので、施術時の刺激量をコントロールする必要があり、その分施術回数が少しかかりました。また膝の問題だけではなく、腰の筋肉への影響も出ていましたのでそちらも調整も行いました。症状を長期間維持したり、痛み止めでごまかしたりすることは、他の部位が負担を代償することもあり、施術期間がかかることがありますので、カイロプラクティックでは症状がまだ発生していない状態でのメンテナンスを推奨しています。症状が起こってからではなく、起こる前からメンテナンスをすることは最終的に施術回数を抑えることもできます。
港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体にはメンテナンスでの施術にいらしている方が多くいらっしゃいます。
 
 
 

左膝の違和感がはじまり

港区在住40代男性 浜松町事務職
1年ほど前からジョギングを始め、最近1ヶ月ほど前から左膝の違和感を感じる様になりました。その後徐々に痛みに変化し、現在歩行時に痛みはありませんが、階段の昇降で痛みを感じます。ジョギングも走り始めて少し経つと痛みを感じるためしっかりとできていないそうです。2週間前に整形外科に来院したそうですが、レントゲン上での異常はみられず、シップと痛み止めを処方されたそうです。1週間ほどそれで様子を見ましたが、状態に変化はみられなかったため港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。ジョギングは1年以上継続的に続けられていたので、できればなるべくジョギングを止めたくないとのことでした。また予定では、来年ぐらいにハーフかフルマラソンに出場したいとのご希望もお持ちでした。
 
 
治療経過
必要以上に膝に負担をかけている骨盤と股関節、足関節を治療おこないました。また、上半身にも捻じれが生じていたため、あわせて背中と首の調整も行いました。状態を安定させるため、10日間で3回の治療を行い、その間はジョギングではなく歩幅を広げる様に意識してもらうようなウォーキングに切り替えてもらいました。初回の検査時には痛みのあったスクワットも3回目の治療時には痛みはありませんでした。また階段の昇降でも痛みは消失していましたので、治療期間を徐々に空けながら、ウォーキングからジョギングに移行してもらいました。現在は全体のケアと来年のフルマラソンを目指して3週間に1回程度でメンテナンスにいらしています。
 
 
コメント
今回の症例では、仙腸関節の可動性の低下が生じ、代償として股関節の可動性が増大していました。その結果膝に関わる大腿部前面及び股関節側面の筋肉の過剰な緊張が生じ、膝の痛みが発症していたのだと考えられます。このように膝に痛みがあっても、原因が膝以外である場合が多々あります。オーバーユースによる炎症反応が生じているような症状の場合は安静が必要になりますが、慢性症状や代償行為による症状は完全に安静にしてしまうと筋力の低下が生じてしまうため、結果的症状改善が遅れたり、症状改善後のパフォーマンス低下に繋がります。そのため、ギリギリ耐えれる程度の負担を見極めて、不自然に負担が集中しないように運動のコントロールも治療と合わせて行う必要があります。足首や手などの症状も原因は背骨の機能低下による代償で生じている可能性が多い為、手腕、股関節、膝の症状でお困りの方でもお気軽に港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体にご相談ください。
 
 

足底筋膜炎ではない足底痛

港区在住30代男性 浜松町営業職
半年前から足の裏の違和感を感じ始め、2~3ヶ月前から痛みを感じる様になりました。朝と長時間座っていた後に動き出すと足底の痛みが強く感じるとのことでした。整形外科では足底筋膜炎といわれて痛み止めを処方されたそうですが、痛みに変化はありませんでした。その後足裏のマッサージを数回受けたそうですが、翌日に痛みが元に戻ってしまうため、港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。長期間症状を持続したせいか、最近腰の重だるさも現れてきたそうです。
 
 
治療経過
ヒラメ筋のトリガーポイントによる足底部への関連痛が疑われましたので、骨盤の傾きと踵骨(かかと)の関節治療を行いました。またヒラメ筋への筋膜治療も行いました。2日間隔で3回治療を繰り返しました。3回目の検査時には日中の生活での痛みはほぼ改善しており、朝が多少感じるようでしたので、ストレッチをご指導し、1週間ほど期間を開けてみました。4回目の治療時には日常生活内での足底の痛みは改善していました。ここからは状態が崩れないように徐々に期間を開けて症状の変化を見ていきました。
 
 
コメント
治療前の検査で足底筋への負荷をかけても痛みの再現性ははっきりせず、ヒラメ筋と呼ばれるアキレス腱周囲の筋肉に負荷をかけると痛みの再現性が見られました。そのため、今回の症例は足底筋膜炎よりもヒラメ筋のトリガーポイントによる足底部への関連痛だと考えられました。トリガーポイントとは筋肉が硬結と呼ばれる様に緊張してしまい、緊張部位以外へも関連痛として痛みを出すことがあります。足底部の筋肉への直接的なマッサージでは根本的な解決に至らなかったのが上記の理由だと考えられます。また、ヒラメ筋のトリガーポイントでは足底、アキレス腱だけではなく、腰への関連痛もありますので、これが最近発生してきた腰の痛みに関係がありました。今回の症例のように治療前に検査を行い、正確に原因部位を断定してからではないと根本的な解決には繋がりません。特にトリガーポイントや内臓痛などは問題部位と痛む部位に差異があることがありますので、検査が非常に重要です。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では治療前に必ず問診と検査を行い治療に入りますので、安心してご相談をしてください。