HOME | 生理痛とは

生理痛とは

生理痛の原因についてお答え致します。

生理痛とは

 

生理痛は骨盤と関係する
骨盤の歪みにより骨盤内の血行不良が引き起こされたり、正常な女性ホルモンの分泌が行われなかったりすると、プロスタグランジンという物質が正常より多く分泌され、過度な血管の収縮と子宮筋の過緊張を引き起こしてしまう場合があります。これが生理痛の主な原因とされています。骨盤内のより良い環境は、骨盤の正常な機能があって成り立つのです。このように月経痛には、プロスタグランジンや交感神経が原因となる機能性のものと、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などが原因となる器質性のものがあります。
 
 
生理痛に対するカイロ研究
機能性(骨盤の歪みや背骨の機能低下)の生理痛であればカイロプラクティック施術で改善されている患者様はたくさんいらっしゃいます。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では、まず問診において生理痛が器質性(病気によるもの)でないかどうか判断します。機能性の問題であれば、骨盤の歪みや関節の機能低下を探し出し、調整を行なっていきます。これによって骨盤内の血液循環が回復され、滞っていた正常な体の反応が回復されます。
 
 
海外での生理痛のカイロ研究
海外の研究ではカイロプラクティック治療によって、主な痛みの原因であるプロスタグランジンの量が減少するという事が報告されています。更には、妊娠期間中のカイロプラクティック施術により初産及び経産においても出産時間が短くなる傾向が認められています。また、不妊治療や産後の腰痛においても非常によい結果をあげております。
 
 
生理痛とマグネシウム
当院に来院される女性の患者様でも多く訴えられる症状の一つでもある「生理痛」ですが、骨盤などの体のゆがみによる血流の問題だけでなく、栄養という観点からも積極的に対策を行うことが可能です。一般にマグネシウム不足に陥ると筋肉のけいれんが引き起こされることは知られていますが、女性では月経困難の原因にもなります。生理時の腰痛や片頭痛などのマグネシウム不足が原因で起こることがあります。
 
 
マグネシウム不足が疑われる方
生理時の腰痛や片頭痛に悩まされている方で
 
• 足がつることがある
• チョコレートなどの甘いものを摂取することが多い
 
上記に当てはまる方はマグネシウムの不足が考えられます。
 
 
 
マグネシウムって何?
マグネシウムは単体では不安定な物質の為、塩化マグネシウムとして手に入りやすいと思われます。塩化マグネシウムは「にがり」としてスーパーなどで売っています。マグネシウムは非常に吸水作用が強いため、経口で摂取すると下痢を引き起こしやすくあります。そのため、経皮による摂取をお勧めいたします。
 
 
マグネシウムの摂取方法
マグネシウムを経皮で摂取するにはふくらはぎや足の裏を利用します。上記でも述べたようにマグネシウムは非常に吸水作用が強いため、手や顔などは控えたほうがいいです。
 
お風呂上りなどの血流が流れている状態で
• にがりをふくらはぎに適量をつける
• こするのではなくタッピングをする
• ふくらはぎの乾燥がある場合には乾いた後に保湿クリームを使用する
 
【注意事項】
にがりは結晶のためこすると肌を傷つける可能性があります
また、吸水性が非常に強い為、直接手や顔につかないようにする
 

 
割引割引
電話電話
ネット予約ネット予約