PREG
 NANCY

HOME | 症状説明 | 妊娠時の説明 | 産後の腰痛・肩こり

産後の腰痛・肩こり・骨盤矯正|港区浜松町カイロ整体

港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体には産後の腰痛や肩こり、骨盤矯正で港区以外からも多くの方が来院されています。
 
産後は腰痛や肩こりなどの症状だけでなく、骨盤矯正や出産前の体型に戻すためなど様々な理由から来院されています。また、出産後はホルモンの変化の影響で精神的にも不安定な状態になります。
 
当院の施術者は全て国際基準の学位を取得する際に、基礎医学を修めており、カイロプラクティック専用ベッドを使用しているため、安心した設備で安全な施術が可能です。
 
出産後の身体の変化からカイロプラクティックの有効性をご説明していきます。
 
妊娠中の施術や骨盤矯正はこちらをご覧ください→
妊娠中のケア

 
腰痛で悩む妊娠中の女性

妊娠中の身体の変化 

骨盤や背骨の関節が正しい位置から逸脱する事で神経機能が阻害されます。神経は筋肉や皮膚などを司る事から、筋肉の過剰な緊張を生じ、腰痛や肩こり、筋肉の弱化による不安定性などが現れます。
 
 妊娠時は胎児の影響で腹筋が長期間伸長されているため腹筋の筋力低下が起きており、産後は通常よりも骨盤付近の筋力バランスが悪いのです。特に腹部と臀部(お尻)の筋力は低下しています。  
 
また、出産時に分泌するリラキシンという靭帯を緩める作用のあるホルモンが出産後2週間~2か月の間分泌を続け、個人差はありますが徐々に分泌量が減少し、元の関節の硬さに戻ります。
 
産後のこの期間は通常よりも関節が不安定になりますので、骨盤が歪みやすく症状の発生が起こりやすいのです。  
 

そのタイミングでカイロプラクティックの骨盤矯正を受けることで症状の改善や予防になります。とういんでは、この期間の産後ケアを推奨しております。 
 

妊娠中の身体の変化

 

骨盤がひらく? 

港区浜松町ハプティカイロにも産後の治療・ケア、骨盤矯正で来院される方から「骨盤が開いたので閉じてほしい」とお問い合わせがよくあります。
 
 
まず結論としては、
産後に関節を緩めるホルモンであるリラキシンがでているからといって、骨盤自体がひらくということはありません。
 
 
 骨盤は左右の寛骨と真ん中の仙骨で形成されており、寛骨同士をつなぎ合わせる前側の恥骨結合と寛骨と仙骨をつなぎ合わせる後方の左右の仙腸関節があります。これら二つの関節は常時上半身を支えているため、かなり強靭です。軟骨円盤の一種である恥骨結合がリラキシンの影響で緩むことはあっても、仙腸関節は面関節であり、また近年まで解剖学では不動関節とも言われていた、非常に動きが少ない関節ですので、ここが目でみてわかるほど離開することはありません。
 
そのため、関節面上での移動によるゆがみは生じても、骨盤内空の周径が物理で気に大きく変わることはありません。

なぜ骨盤がひらいたように見える?

 
 
では骨盤の周径が変わらないのに、骨盤が開いているように感じるのはなぜなのでしょうか?

 
 それは、股関節と臀部(お尻)の筋肉が関係します!!
 
妊娠し、胎児が大きくなることで、お腹の前方は引き延ばされます。それにより腹部の筋肉が伸張され、筋力低下を生じます。その影響は、腹部と関係性の強い臀部にまで影響が及び、同時に臀部の筋力低下も生じます。
臀部の筋力低下が生じると、股関節が内側に回旋することで、内股のような状態になりやすくなります。内股になると大腿骨の外側に突き出している大転子がせり出してくることで、臀部の横幅が広がります。
 
 
結果として、お尻が横に広がっているように見え、これを多くの方は「骨盤が開いた」と誤解するのです。産前のジーンズなどが履けなくなってしまうのも、「骨盤が開いている」のではなく、「股関節が内旋する」ことで原因です。
 
骨盤周囲の筋力バランスが崩れる事で腰痛や肩こりなどの症状を発症しやすい環境になりますので、骨盤矯正を行い、正しい筋力バランスに調整していきます。
 

骨盤の開き

出産後の骨盤矯正はいつから? 

港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体にも「産後の治療・ケアや骨盤矯正はいつからいいですか?」との質問を多く頂きます。時期に関しては個人差や出産方法により異なりますので一概には答えられませんが、出産後の身体の変化を考慮すると下記を参考にしてください。
 
自然分娩の方は出産後1~2週間程度でケアを開始することができます。
 
帝王切開など体に負担がかかる出産方法の場合では1~2ヶ月程度で産後のケア・骨盤矯正を開始するのを推奨します。帝王切開の場合は不安であれば産婦人科に一度確認を取っていただいても構いません。
 
上記でも述べたように、産後はリラキシンと呼ばれる靭帯を緩める作用を持つホルモンが2週間~2ヶ月程度分泌されます。産後ケアや骨盤矯正はこの期間での開始をお勧めいたします。港区浜松町ハプティカイロでは妊娠・産後全ての期間で対応しておりますので、他の院で断られた妊婦さんや産後の方が港区以外からも多く来院されます。
 
この期間で産後ケアや骨盤矯正を開始できると、身体が出産前もしくはそれ以上良好な状態に低刺激の施術で無理なく自然に安定させることができます。
 
また、この期間を過ぎてしまったからといって、産後ケア・骨盤矯正ができないわけではありませんのでご安心ください。
 
産後のカイロプラクティックケアでご不安・ご不明な点がございましたら、当院にお電話・メール・LINEにてお気軽にご相談ください。 

産後のカイロ治療のメリット  

 
腰痛・肩こりや腱鞘炎を改善・予防
 
出産後は骨盤が前方に傾き、腰椎の前弯が過剰になります。その状態だと腰の負担が増えるため、腰痛や股関節痛などのリスクが増加します。
また産後はリラキシンの影響で関節が不安定な状態になり、その状態で授乳などの負荷がかかることで、肩こりや手首の腱鞘炎を発症される方がいます。
 
通常、背中の可動域が正常であれば少し負担が増えたぐらいでは肩こりや腱鞘炎などは発症しません。しかし、妊娠中に腹筋群が伸長され続けることで、腹部の筋力低下が生じているため、胸の筋肉が緊張しやすくなります。胸の筋肉の緊張は背中を丸くするため、背中の可動域が狭くなる傾向にあります。
 
当院で産後のケア・骨盤矯正や背骨の状態を調整することで、産後の腰痛や肩こり、腱鞘炎などの症状を改善及び予防することが可能です。
 
体型の崩れを補正する
 
産後のヨガやピラティスなどでケアを受けているのになかなか体型が改善しない方がいらっしゃいます。
 
これは妊娠時の影響で骨盤や腰椎の関節に変異が生じることで、筋肉に正しい情報が入らず、腹筋やお尻の筋肉、骨盤底筋群などの筋力低下が起きているのです。
 
正しい情報が伝わらないため、いくら運動をしても効率が悪く、効果が現れにくい状態です。
 
上記の筋肉に筋力低下が起きることで「お尻が大きく見える」「 O脚・ X脚」「ぽっこりお腹」が生じます。
港区浜松町ハプティカイロで産後のケア・骨盤矯正や腰椎の関節を調整し、正しい情報を筋肉に送れるようになることで、日常生活でも十分に体型は戻ります。されにヨガやピラティスなどを行うことで効果が高まります。そうする事で、腰痛や肩こりなどの予防にもなります。

 
お子様連れも対応しております!

港区浜松町ハプティカイロでは産後のケア・骨盤矯正として来院される方も多くいらっしゃいますので、施術中は受付の担当が平日の10~15時、土曜日の10~12時の間でしたらお子様を預からせて頂きます。
 
お子様連れの場合はご予約の時に必ずお申し付けください。
 

17周年記念割引
LINE予約
@zzz4253s
※初回割引とLINEクーポンは併用不可

このような症状で来院されます

腰痛なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
めまいなら港区浜松町ハプティカイロ整体
肩こりなら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
頭痛なら港区浜松町ハプティカイロ整体
坐骨神経痛なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
しびれなら港区浜松町ハプティカイロ整体
背中の痛みなら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
妊娠・産後なら港区浜松町ハプティカイロ整体
寝違えなら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
耳鳴りなら港区浜松町ハプティカイロ整体
四十肩なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
姿勢改善なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
症状説明はこちら