痛み根本改善

腰痛・肩こり・首の痛み・頭痛・背中の痛み・股関節痛・骨盤矯正

HOME | 症状説明 | 妊娠時の説明 | 妊娠中の腰痛・肩こり

妊婦の腰痛、肩こり

妊婦さんの腰痛や肩こりの原因やカイロ整体の施術についてお答え致します。

妊婦さんの腰痛、肩こりの原因

  

妊娠期間中および出産後に腰痛や肩こりを発症する妊婦さんはとても多く、過去の研究においても半数以上の妊婦さんが妊娠中に腰痛や肩こりをはじめとするなんらかの症状を感じていると報告しています。
 
実際に妊婦さんの3人に1人は腰痛・肩こりに悩まされているといわれています。妊娠時は力学的な変化だけではなく、ホルモンなどによる影響から身体が変化することで症状を呈します。
 
 
 

【産後のケア】
 
腰痛肩こりで悩む妊娠中の女性
 

妊娠中の体の変化

 

• 体重増加に伴い、重心が前方に傾く
• 腹筋の作用が弱まり、骨盤の安定力が低下する
• ホルモン(リラキシン)の影響で骨盤を支える靭帯が緩む
 

妊娠中の体の変化

 
 

リラキシンによる靭帯の緩み

 

 
妊婦さんは妊娠初期(最初の3カ月期)の終わりごろと臨月付近になると骨盤の不安定性は起こるといわれています。なぜ骨盤が不安定になるかというと、妊娠中多く分泌される子宮ホルモンのリラキシンが増大するからです。リラキシンは靭帯や軟骨組織を緩めることで胎児のスペースを形成し、骨盤腔を広げるといった作用があります。月経時にもこのリラキシンというホルモンは分泌されるため、妊娠時に比べれば軽度でありますが緩みます。
 

靭帯の緩みと骨盤の不安定性

 

 リラキシンによる靭帯が緩む作用は非常に重要な作用なのですが、靭帯が緩み伸張することによって、全身の関節に不安定感がでます。特に胎児の影響を受けやすい骨盤の部位では腸骨が仙骨の上をすべり仙腸関節のゆがみを生んでしまいます。骨盤が不安定になることでそれを補うために筋肉が過剰に緊張し、これが腰の痛みの原因になることもあります。
 

妊娠中のカイロ整体はオススメ!

 

出産時に妊婦にかかる骨盤や腰の負担は非常に大きいものです。妊娠中に骨盤の歪みが生じると逆子や長時間の分娩となるリスクが高くなります。妊婦の方が産後に気になる体型崩れも骨盤のゆがみが原因で生じます。
 
妊婦さんはリラキシンの影響で靭帯が緩いため、整体の刺激量を一般の方よりも抑えることができます。マッサージなどでは血流を促進しすぎるため、子宮への影響リスクがありますが、カイロプラクティック整体では非常に軽い調整でも十分に効果が現れてきます。
   

妊婦さんのカイロ施術方法

 

ハプティカイロプラクティック整体ではお腹が大きくなった妊婦さんでも、うつ伏せで施術ができるカイロプラクティック専用のベッドを使用しております。そのため、妊婦さんの体に合わせた負担の少ない整体ですので、安心して施術を受けることができます。 
 
当院では妊娠中の妊婦さんの治療を全面的に受け入れております。そのため、当院には毎年数多くの妊婦さんが整体にお越しいただいております。妊娠時の妊婦さんは精神的にも不安定ですので、安心・安全な治療が非常に重要です。当整体院では必ず施術前に問診・検査を行います。そのあとで説明を行います。
 

妊婦時のカイロ整体の有効性

 

最近「他に断られた」や「助産師からダメと言われた」と言われて来院される妊婦の患者様やお問い合わせを多く頂きます。現在妊娠時にカイロプラクティックがダメだという研究は一つもありません。妊娠時のカイロプラクティックにより出産時間の軽減などの研究結果も出ている程です。しかし、現在日本国内においての「カイロプラクティック」の現状は、国際的な基準を満たさない施術者も非常に多い為、どこでも安全といえるわけではありません。
 
ハプティカイロプラクティック整体の施術者は全て国際基準の教育を経ており、解剖学的観点からの妊娠に対する知識だけでなく、妊婦の状態に合わせて施術を変えることも可能ですので、臨月での整体も行っております。不安があればご相談だけでも構いませんのでご安心ください。
 
ハプティカイロプラクティック整体では妊娠期間での骨盤矯正を推奨しております。当院には年間20~30人程度の妊婦さんが来院されており、腰の痛みだけでなく股関節痛など様々です。今までの経験では平均3回程度で症状が改善しております。
 
 
 

お子様連れでも大丈夫!

 

 
当院では産後のケアとして来院される方も多くいらっしゃいますので、施術中は受付の担当が平日の15時、土曜日の12時の間でしたらお子様を預からせて頂きます。
 

港区・整体

お子様連れの場合はお電話でのご予約の時にお申し付けください。
  
 

割引割引
電話電話
ネット予約ネット予約