港区浜松町で16年信頼のハプティカイロプラクティック整体院

           港区・浜松町で16年信頼と安心の
        ハプティカイロプラクティック整体院

平 日:10:00-20:00  
土・祝:10:00-18:00  
日曜日:   休 院     

SHOULDER

 

四十肩|五十肩は港区浜松町カイロ整体

HOME | 症状説明 | 四十肩・五十肩 | 四十肩、五十肩

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩の原因や治療についてお答え致します。

四十肩・五十肩とは

 

 
五十肩・四十肩とは40歳~50歳に多く起こる肩の関節の炎症で、専門的に「肩関節周囲炎」と呼ばれています。症状としては、突然、肩関節に激しい痛みが現われることによって始まります。痛みはかなり強く始まり、動かすことはもちろん、安静にしていても痛みが出る事があり、夜間にも痛みが出ます。このはじめの痛みは数カ月で軽減していきますが、その後肩や腕を上げる事ができなくなっていき、衣服の着脱、洗髪、結髪などの日常生活をかなり制限されてしまいます。また、首や腕にその痛みが放散することもあります。このように、五十肩が慢性化してしまったときには、すでに肩の関節は「拘縮(こうしゅく)」といって固まった状態になっています。また、運動の不足による筋力低下、血行の不良、ホルモンのアンバランス、外傷などがありますので日常生活の改善も大切です。五十肩は、ある程度の年齢に達したら誰にでも起こる可能性のある病気ですが、だからといって症状を軽く考え、初期のうちに治療を怠ると、長期間の痛みや運動障がいに悩まされます。
 

 

肩関節周囲炎の段階

 

肩関節周囲炎には発症してから3つの段階を経ることが一般的です。この段階は、時間や痛み方により判断していきます。治療はその段階に合わせて行う必要があり、肩こりやぎっくり腰などと比べると、比較的完治までには時間がかかる傾向にあります。肩こりやぎっくり腰などは1回の治療である程度改善してしまう方も中にはいらっしゃいますが、肩関節周囲炎は総じて4~5回の治療で痛みの減少傾向がみられ、完治までにはエクササイズなどを併用することで期間が異なってきます。
 
 

第一段階:炎症期(急性期)

四十肩・五十肩を発症すると入る段階です。 炎症期は炎症反応が強く現れる傾向にあるため、安静時や睡 眠時など動作にかかわらず痛みを感じる ことがあります。また、動作時にも強く痛みが現れるため、動作 に制限がかかります。 この段階では積極的な治療は逆に症状を悪化させる可能性 があるため、アイシング や電気療法によって炎症を抑え、早くこの段階を抜けるための治療法が選択されます。
 
 
第二段階:凍結期
 
凍結期は名前のごとく肩が凍ったように動作の制限を受ける状態です。この段階では安静時や睡眠時に痛 みが現れることは減少し、肩の動作もあ る程度の範囲であれば痛みも感じずに行うことが可能になりま す。ただし、一定以上の範囲を超えると強い痛みを感じるため、服の着脱時などが 困難になる傾向にあり ます。 五十肩・四十肩でお悩みの方のほとんどがこの段階に属していることが多いです。また中には急性 期に気が付かず、こ の段階になってから気が付く方もいらっしゃいます。 またこの段階は、積極的な治療 が必要になってくるため、ある程度痛みを感じる範囲にも関 節を動かしていく治療も選択していきます。 この段階で症状を放置したり、消極的な治療を選択すると、完治までの期間が長期化したり、肩の可 動域 が減少することがあります。
 
 
第三段階:回復期

この段階では、徐々に可動域が広がり、痛みの程度も減少傾向になっていきます。肩関節可動域の最終段 階での痛みや音が鳴るなどの状態がこの 段階に当てはまります。 この段階では更なる治療と積極的なエク ササイズも必要となってきます。
 
 
 

肩関節周囲炎に段階に合わせた適切な治療が必要となり、また適切な治療を施した状態でもほかの症状と異なり、 改善までにある程度の期間を有 する傾向にあります。 そのため、より早い段階で適切な治療を受ける必要があ ります。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では初回に 問診や検査により患者様の症状の状態 を把握し、治療回数の目安をご説明させていただきます。患者様が納得した状態で治療に入らさせていた きますので、安心してご相談にいらしてください。
 
 
 
 

肩関節周囲炎とカイロ治療

 

 肩関節周囲炎は3つの段階ごとに治療の方針が異なってきます。港区浜松町ハプティカイロプラクティックでは、まずあなたが現在どの段階にいるのかを問診・検査にて把握していきます。その段階に合わせて治療を選択していきます。
 
 

炎症期のカイロ治療

炎症期の段階では肩に対する積極的な治療は炎症反応を増加させ、悪化させる可能性があります。そのため、肩に関 してはアイシングや電気療法などの一般的な治療で炎症を抑えることに集中します。しかし、カイロプラクティック 治療では更に全身の状態を検査し、肩にかかる負担を減らしていく治療も同時に行います。なぜならば、四十肩や五 十肩の発症は年齢的なものだけではなく、普段から肩に負担をかけるような身体の不具合が存在します。そのためカ イロプラクティック治療ではそういった根本的な原因を排除していきます。
 
 
凍結期のカイロ治療

凍結期はある程度炎症反応も落ち着いているため、積極的な治療が選択されます。肩関節に対して関節運動に制限が 見られるところにはカイロプラクティック治療による矯正も行っていきます。また第一段階でも行っているように、 全身の状態を正すことで、肩にかかる負担や癖を改善していきます。この段階では痛みを感じる可動域への誘導もあ る程度必要になってくるため、多少痛みを感じる治療も行っていきます。ただし、この段階での治療を避けてしまう と症状の長期化や痛みのなくなった後にも肩の可動域が減少することがあるため、患者様の無理のない程度での治療 を行っていきます。カイロプラクティック独自の治療法によって今までの痛みが半分以上軽減するでしょう。また、 血行障害を引き起こしている場合は、超音波療法を用い治療を行います。
 
 
回復期のカイロ治療

この段階に入ると可動域もだいぶ元に戻ってきますので、より積極的な治療が可能となります。 この段階での治療を しっかりと行うことで、再発の危険性を減らすことができ、更には症状発症前の状態以上に良い状態を保てることが 可能となります。
 

肩関節周囲炎とエクササイズ

 

 
肩回し体操
 
1: 痛みのない方の腕を、机などにつき、体を少し前に倒します。
そして、痛むほうの腕を垂直に下げ、力を抜いて円を描くように 回転させます。慣れてきて痛みが弱くなってきた ら、1~2kgの重りを持って行うと効果的です。
 

2:壁に痛い方の手をつき、指を使ってゆっくりと肩・腕を上に上げていきます。
 

3:痛む肩側の肘を曲げ、手首を反対側の手で持ち、ゆっくりと痛む肩と反対側の胸の方に引き寄せ、元の位置に戻し ます。これを何度も繰り返して下さい。
 

4:痛い肩側の手を背後に伸ばし、痛くない方の手で痛い方の手を背後に牽引して下さい。
 

5:腕が徐々に上がるようになってきたら、痛む方の肘を曲げ、その肘を上に垂直に持ち上げていきます。