港区浜松町で唯一の国際基準ハプティカイロプラクティック整体。【東京都港区の整体院・カイロ】

港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体
TEL:03-3432-3056 

HOME | 治療後の反応

印
治療後の体の反応

 治療後の反応に関してご説明していきます。特に初回の方や久しぶりにカイロプラクティック治療を受けられる方に対しての説明になります。
 
初めてカイロプラクティックを受ける方は、身体が安定するまでに反応を呈する方がいます。この反応を好転反応と呼び、現れ方としてはだるさや筋肉の緊張感、眠気などがあります。
 
症状を呈している方や身体の歪みが生じている方は関節の不具合により、神経の働きが不安定になり、関節・腱・筋肉のコントロールが不全な状態です。その状態をカイロプラクティックの治療により正しい状態に促します。
 
この時に好転反応を生じる方がいます。好転反応は症状を患っていた期間や、ゆがみの期間が長いほど、強く現れる傾向にあり、正しい状態に落ち着く為には必要な期間でもあります。そのため、全ての方に起こる反応ではなく、メンテナンスなどの正しい状態を保てている方にはあまり起きません。
 

好転反応のメカニズム

 筋肉が過剰に緊張している場合は血流不全が生じ、老廃物や代謝産物の滞留も生じています。筋肉の無駄な緊張が治療により減少すると、一時的に発痛物質などの老廃物は血流を介し、全身に流れます。
また、身体は代償機能を使って、負担のかかる部位と休んでいる部位があります。これを治療によって、正しい状態にすることで、負担のかかっていた部位の負担は減少し、痛みや筋肉の緊張は低下します。しかし、今まで負担を投げかけていた部位は正常範囲の負担がかかることにより、治療初期はすこし筋肉のハリ感や緊張が生じることがあります。
 
この反応は治療による変化よりも患者の自己治癒力が低い時に現れやすくなります。
つまり
症状・歪みの長期化(自己治癒力低下)<治療による変化
➡反応が出やすい
 
メンテナンス(自己治癒力が高い)>治療による変化
➡反応は出にくい
 
 
自己治癒力には個人差がありますので、我々も治療前の検査時に身体の状態を把握してから行います。自己治癒力が低下しているような場合には治療による刺激量をコントロールしていきます。自己治癒力は症状やゆがみの長期化だけでなく、睡眠不足や体調不良時にも低下します。
 
そのため、当院では施術前の問診と検査を重要視しております。施術前には現在の状態や症状の原因、施術方針を含めてご説明を行います。
 

【治療回数の目安】に関してはこちらをご覧ください
 お知らせ
当治療院が月刊ゴルフダイジェストに記事を掲載
芝中学・高校 水泳部でカイロ講義
日テレ放送【世界まる見えテレビ特捜部DX特別版】に出ました
【過去お知らせ一覧】
 症例報告
2017.03.27 「寝違えの説明」を追加しました
  カイロプラクティック・コラム
2016.11.19 治療前の検査と評価
2017.03.31 「中居の世界仰天ニュース・カイロの危険性」に関して
インターネット予約
インターネット予約

港区浜松町ハプティカイロ整体は開業12年

 
港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体の症例報告

 
港区浜松町ハプティカイロ整体の健康コラム

 
高品質天然アスタキサンチン

 
提携病院春日クリニック

 
姿勢トレーニングツールアピュア監修