PREG
 NANCY

HOME | 症例報告 | 産後|症例

港区浜松町ハプティカイロ整体の産後症例

産後ケアや骨盤矯正の患者様の症例をいくつか報告致します。
産後の問題の原因と治し方に関してはこちらをご覧下さい。
 
妊娠・産後なら港区浜松町ハプティカイロ整体

産後から続く腰痛で来院

Iさん 港区在住 30歳 主婦
産後から徐々に腰の痛みを感じるようになりました。子供を預けることもできなかったため、1年以上我慢していました。特に夜寝る時と朝の起き掛けはすぐに起きれないほど腰痛がありました。妊娠中から腰痛が何度かありましたが、妊娠以前は全くありませんでした。足のしびれなどの神経症状はありませんでしたので、整形外科にはいかなかったそうですが、産婦人科に相談したところヨガや運動をやるようにといわれたそうです。アドバイス通りヨガに通ってみてもあまり腰痛への変化が見られなかったため、港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。
 
 
港区ハプティカイロプラクティック整体の検査所見と施術経過
長期間腰痛を維持していたこともあり、骨盤や腰だけではなく全体的にゆがみが強く現れていました。初回は関節の制限を調整し、安定するまでの3回は施術期間を3日間隔でいらしていただきました。2回目の施術時には夜の腰痛が消失しており、朝はまだ感じるようでした。3回目の施術時には夜も朝も腰痛は消失しておりましたので、徐々に期間を開けながら施術を行っていきました。4回目は1週間後、5回目は2週間後に施術を行いましたが、腰痛は落ち着いておりましたので、メンテナンスに移行していきました。
 
 
港区ハプティカイロ整体のコメント
今回のケースは妊娠中からゆがみが発生し、出産時に大きくゆがみが形成されているような状態で腰痛が発生していました。産後からだいぶ期間が開くことから、骨盤だけではなく背中にも傾きが生じていました。産後の骨盤矯正はホルモンなどの関係からも1~2ヶ月以内に調整を行えるとよいと考えられます。また妊娠中もカイロプラクティック施術は有効ですので、妊娠時の腰痛などでお困りの方はご相談ください。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では受付の者がお子様の対応をさせて頂きますので、お子様連れの場合でもお気軽にお申し付けください。よく患者様が「腰痛が出てからストレッチした」「腰痛になってから運動を始めた」と言われる方がおりますが、日常生活内で生じている何らかの負荷で痛みが発生している場合、ストレッチや運動などはより負荷を高めてしまい、悪化する可能性もあります。そのため、ストレッチや運動を始める前にはしっかりと身体を整えてから、余計な負荷がない状態で始める必要があります。港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体では患者様に必要な運動やストレッチのご指導も行っております。
 


産後の骨盤の開きで来院

Mさん 港区在住 30歳 会社員
4ヶ月前に出産をされ、痛みなどもなく順調に回復してきていたが、骨盤周りの開きが気になり港区ハプティカイロプラクティック整体に来院されました。
 
 
港区ハプティカイロプラクティック整体の検査所見と施術経過
 
 姿勢検査とカイロプラクティック検査を行なったところ、腰椎の過剰前湾と骨盤の関節である仙腸関節の可動制限がありました。また、腹部と臀部の筋力低下もありました。
 
初回は骨盤矯正と腰椎の前湾を抑えるために胸椎の調整も行いました。
2回目の施術時に痛みなどが出ていないことを確認し、筋肉のケアを行い、エクササイズの指導も行いました。
3回目には骨盤の状態が安定していたため、期間を開けながらエクササイズをしていくことにしました。
現在では産前に履いていたジーンズが履ける様になったことや、スカートが回転しなくなったそうです。
 
港区ハプティカイロ整体のコメント
まず一番最初に言っておく事が、「産後の骨盤が開く」というのは誤りです。
 
骨盤が開いている様に見えるのは、臀部筋の筋力低下からくる股関節の内旋が原因です。簡単にいうと、お尻が緩んでしまう事で、膝が内側に回旋してしまい、股関節の骨が外に出張ってしまうのです。
 
骨盤は後面の仙腸関節と前方の恥骨結節は非常に高度の高い関節になります。そこを緩ませるために、妊娠中はリラキシンと呼ばれるホルモンがわざわざ放出されるので、産後にこの2つの関節が緩むことはありません。
 
また骨盤は左右の寛骨と真ん中の仙骨で円を描いているため、これらの骨が離れて骨盤が開くということはありません。
 
そのため、骨盤が開いている様に見えるのを矯正していくためには筋肉のバランスも関与してきます。
 
妊娠時に腰椎の前湾が過剰になり、腹部が伸長される事で腹部の筋肉の筋力低下が生じます。
 
下半身には下位交差性症候群という考え方があり、骨盤を横から見たときに、腹部と臀部、腰と前の太ももが関連します。腹部が筋力低下すると、関連して臀部の筋肉は筋力低下します。そのためお尻が垂れたり、股関節の内旋が起きてしまうのです。
 
骨盤矯正を行い、腰部の過剰前湾を抑制し、下位の筋肉のバランスを整える事で、いわゆる「骨盤の開き」は改善されます。
 
筋力が低下しすぎている場合は、エクササイズを取り入れる事で改善具合もよくなりますので、判断し港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体ではエクササイズの指導も行います。

17周年記念割引
 
 
LINE予約
@zzz4253s
※初回割引とLINEクーポンは併用不可

このような症状で来院されます

腰痛なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
めまいなら港区浜松町ハプティカイロ整体
肩こりなら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
頭痛なら港区浜松町ハプティカイロ整体
坐骨神経痛なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
しびれなら港区浜松町ハプティカイロ整体
背中の痛みなら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
妊娠・産後なら港区浜松町ハプティカイロ整体
寝違えなら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
耳鳴りなら港区浜松町ハプティカイロ整体
四十肩なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
姿勢改善なら港区浜松町ハプティカイロ整体
 
症状説明はこちら