港区浜松町で唯一の国際基準ハプティカイロプラクティック整体。【東京都港区の整体院・カイロ】

港区浜松町ハプティカイロプラクティック整体
TEL:03-3432-3056 

HOME | カイロコラム | 2018/04 睡眠と栄養

港区浜松町ハプティのカイロプラクティックコラム集

4月コラム|港区浜松町ハプティ整体

睡眠と栄養に関して

だんだんと寒さが和らいできましたね。
古典でも「春眠暁を覚えず」とあるように、昔から春と睡眠の関係性は強いのですね。
春は1年の中でも比較的眠りやすい時期ですが、この後にくる梅雨シーズンのためにも、今のうちから睡眠環境を整えておきましょう。
 
今回は睡眠と栄養に関して説明をしていきます。

花粉症と栄養

質の良い睡眠

睡眠時間の短い日本人

日本人の睡眠時間は世界と比べると下から2番目の短さという研究結果があります。
 
睡眠時間が短い背景には24時間営業店舗の普及率の高さや夜間の安全性が海外よりも高いことなどが挙げられます。また、日本は睡眠に対しての意識の低さも問題視されており、海外では年代別の睡眠教育がされているところも珍しくはありません。しかし、日本では睡眠に対しての教育は徹底されていないのが現状です。
 
確かに、睡眠時間を延ばすといった対策も必要ですが、社会の構造上睡眠時間を延ばすことは容易ではありません。
 
そのため、睡眠時間の短い日本人は睡眠の質をあげることが重要です。

睡眠に必要な栄養

 睡眠の質を上げるためには、これだけ取ればよいという栄養素は存在しません。しかし、栄養のバランスを踏まえたうえで、快眠に関連性のある栄養素をご紹介していきます。
今回は代表的な3つの栄養素をご説明していきます。
 
①トリプトファン
②グリシン
③アラキドン酸

睡眠とトリプトファン

まず第一として必須アミノ酸のひとつである「トリプトファン」です。
トリプトファンはたんぱく質を合成する働きをもち、睡眠に深く関係するナイアシンやメラトニン、セロトニンといった物質を作ります。
 
ナイアシン:自律神経に働きかけ、睡眠と覚醒のリズムを調整します
セロトニン:交感神経と連動し、体内時計の調整や覚醒状態の保持を行います
メラトニン:副交感神経を優位にし、深部体温を下げたり、血圧などを下げます
 
トリプトファンはそばや魚、肉など多くの食材に含まれているため、バランスの良い食事を行えば不足することはありません。しかし、たんぱく質の摂取量が少ない方は不足傾向になりますので、しっかりとたんぱく質の摂取を心がけましょう。

睡眠とグリシン

グリシンは体内で合成ができる非必須アミノ酸に分類されます。
グリシンは近年の研究で、就寝前に摂取することで眠りの質が向上する可能性があることが判明しました。
深い睡眠に入るまでの時間が大幅に短縮され、深い睡眠の時間も長続きする結果が出ています。
グリシンを多く含む食材としては、豚ロース、マグロの赤身、ホタテなどがあります。

睡眠とアラキドン酸

アラキドン酸は不法は脂肪酸の一種です。アラキドン酸は直接睡眠に作用するというよりも、覚醒時の活動量が増えることで、相対的に睡眠の質が向上する期待ができる作用があります。
特にこの作用は高齢者の睡眠障害に対して効果的です。
 
睡眠は脳の松果体からメラトニンが分泌することで入眠し、分泌が止まるころに目を覚ますといったメカニズムで成り立っています。しかし、年を重ねるごとにメラトニンの分泌量が減少することで、リズムが短くなります。そのため、高齢になると早起きの方が増えるのです。これが進行すると睡眠と覚醒が曖昧な状態が続いてしまうのです。

栄養学は日々進歩しています!

日本ではまだまだサプリメントでの栄養補給の考え方が浸透していないため、摂っている方でも何となくマルチビタミンを飲んでる程度ではないでしょうか。実は脂肪酸のほうが構成成分にもなりますので、積極的な摂取をお勧めいたします。
 
ハプティカイロプラクティックの施術者はすべて4200時間以上の専門教育課程を経ております。一般的なイメージですと、カイロプラクターは解剖学や生理学だけだと思われがちですが、我々は栄養学から心理学など応用医学も履修しております。
そのため、施術の際には力学的な姿勢のアドバイス以外にも食事などのアドバイスも可能です。
また栄養学は解剖学や生理学よりも新しい発見が多い学問でもあります。そのため、日々新しい情報を取捨選択する必要がありますので、お気軽にご相談ください。

 
港区浜松町ハプティカイロ整体のインターネット予約
港区浜松町ハプティカイロ整体のインターネット予約